黒木瞳 ヌ─ドの画像や濡れ場シーンが凄い、映画「失楽園」の動画

女優・黒木瞳さん。昨年の2016年公開された黒木瞳さん初監督の作品で、吉田羊さんと木村佳乃さんがW主演で映画化された『嫌な女』。この作品、脚本家の西田征史さんと共に、4年の歳月をかけて脚本を練り上げたとのこと。

映画『嫌な女』予告編

その黒木瞳さん、2005年公開の映画『東京タワー』で岡田准一(V6)さんを相手に濡れ場を披露して以来、“脱ぎ” をほぼ封印していたが、ここにきて再び “脱ぐ” のではとの情報が芸能界を駆けめぐっているとのこと。

黒木が、今改めて濡れ場を解禁するというのだが、その理由について芸能事務所関係者は語る。

「正確な金額はわかりませんが、黒木が監督を務めた映画『嫌な女』が大赤字を叩き出してしまったことが影響しているようです」(芸能事務所関係者)

映画『嫌な女』は6月25日に公開されたが、劇場は閑古鳥が鳴き続け、作品を評価する声は聞こえてこない。唯一称賛されたのは、W主演で起用された吉田羊と木村佳乃の演技力のみという皮肉な結果になってしまった。

(出典:ビジネスジャーナル「黒木瞳、監督映画が大コケで55歳の大胆濡れ場解禁か」)

黒木瞳 ヌ─ドの画像や映画「失楽園」の動画は

黒木瞳さんは、1981年に宝塚歌劇団入団し、『宝春の踊り』で初舞台を踏みます。入団2年目の1982年、異例の速さで月組トップスターの大地真央さんの相手役として指名され、一躍トップ娘役へ。

在団中は娘役でありながら大地に迫るほどの人気を獲得した黒木瞳さん、1985年9月の『二都物語/ヒート・ウエーブ』東京公演千秋楽を最後に、大地真央さんと共に宝塚歌劇団を同時退団します。

宝塚/大地真央・黒木瞳

宝塚歌劇団を退団後、黒木瞳さんは芸能界への転身、『化身』(1986年)で映画主演デビュー。この作品で黒木瞳さんは、全裸のヌードを披露、宝塚の歴史を貶めたなどの非難もありましたが、演技には一定の評価を得ました。

その後、サスペンスドラマなどを中心に活動を続けていたが、1997年公開の森田芳光監督の映画『失楽園』で不倫の恋というテーマで、大胆な濡れ場を演じて話題になりました。

原作とともに社会現象となったこの作品で、黒木瞳さん知名度が一気に広がり、その後はドラマや映画、歌手、舞台など、活躍の場が広がりました。


そんな黒木瞳さんのヌ─ドの画像や、映画『失楽園』の濡れ場シーンの動画を紹介。

黒木瞳 ヌ─ド 画像はこちら

黒木瞳 ヌ─ド 動画はこちら


黒木瞳 映画「失楽園」動画

黒木瞳 映画「失楽園」の濡れ場シーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする